オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

熟成された前代未聞のミュスカデ

ミュスカデ コート ド グランリュー シニャチュール 2015 ドメーヌ デュ オーブール 

Muscadet Cotes de Grandileu Signature

参考小売価格:2970円

産地:フランス・ロワール地方

品種: ミュスカデ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

輸入元である都光さんの代表的生産者といえるドゥ・オー・ブール。

前代未聞のミュスカデという触れ込みで様々なタイプのミュスカデが存在し、最初に飲んだ2012年ビンテージのフラグシップ(コート・ド・グランリュー)は、まさに前代未聞のミュスカデで度肝ぬかれた記憶があります。

というのも、ミュスカデはニュートラルなブドウ品種の代表格とされているのですが、その2012年ビンテージは華やかさや立体感のあるタイプで、わかりやすい高級感を感じることができたのです。

今回のワインはそのワンランク下に位置するライン。

食事に合わせる目的で登板させてみました。

やわらかいボディーで、ふわっとした骨格。

正直な所このワインを理解するには「ワイン舌」であることが求められるでしょう。

ジワジワ旨味がでてくるわかりにくい美味しさなので、ワインだけで飲むとその利点が活かせないかもしれません。

偶発的に発見したのですが、わさびとの相性がよく、水溶性の辛味を旨味に変えながら相乗効果を発揮しました。

インパクトのある美味しさでは無いので、全員に好かれるワインではないでしょうが、逆にフルーツドッカンワインが苦手な人は絶賛すると思います。

ここ最近のワインでは一番消費スピードが早かった1本です。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com