オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

惜しまれつつ約10年間休売していたワイン

グランポレール 余市ケルナースパークリング 2020

Grande Polaire Hokkaido YOICHI Dry Kerner Sparkling 2020 Kerner 

参考小売価格:2095円

産地:余市

品種: ケルナー

購入元:アマゾン

製造元:サッポロビール株式会社

シリーズコンプリートを目指しているグランポレールですが、公式のラインナップに存在しない種類があり驚いています。

今回のケルナースパークリングは、売れ行き好調の中、原料不足の為に惜しまれつつ約10年間休売していたとのこと。

調べてみると2021年9月に数量限定でリリースされていますが、2023年3月現在、アマゾンやその他ECショップでも普通に在庫あります。10年ぶりだから気合い入れて大量生産したとかですかね。

そんな考察はさておき、この600ミリリットルって量は如何なものかと感じるわけです。

遠目やネット写真では750ミリリットルの瓶と代わり映えしないですからね。

たかが150ミリリットルの差といえど、庶民にとっては「値段感」に響いてきます。

600ミリリットルで定価2000円だとしたら、750ミリリットルで2500円となります。

この差は満足度を判断する上で非常に大きいです。

飲酒量の観点からしても600mlは少なすぎます。味見して食事と楽しもうとすると微妙に足りません。

と、完全にターゲット外の状態で飲みましたが、普通に美味しいです。

独自の味わいで好奇心をくすぐります。

甘くないオロナミンCっぽく、のどが渇いてたら一瞬で無くなりそうな味わいです。

少ない量が更に少なく感じます。

案の定、自制しながら飲んでも1時間足らずで飲みきってしまいます。

もう少し安ければマグナムサイズで買っても良いぐらいの美味しささですよ。

本日の組み合わせ

食前のアップ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com