オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

ん、エルミタージュですかね。

グレネリー グラスコレクション シラー 2019

Glenelly Glass Collection Syrah 

参考小売価格:2640円

産地:南アフリカ

品種: シラー

購入元:アフリカー

インポーター:株式会社マスダ

アフリカーの店主オススメセットに入っていたシラー。

千円前後のシラーで美味しいと感じるものに出会ったことはないですし、最近行ったセミナーで5千円前後のシラー飲み比べなんてやりましたが、「ふーん、これが5千円か(苦笑)」ぐらいにか感じませんでした。

更に言うと、南アフリカのシラーは昔アマゾンで購入したものがトラウマ級で、今までずっと避けていましたからね

そんな印象を変えることできるのか、アフリカーさんチョイスなら間違いないだろうと、ワクワクしながら飲んでみました。

まずスクリューが好印象。香りはハーブ系で控えめですが、粘性は高くパワフルなタイプだと身構えます。

飲んでみるとスパイシーですね。シラーっぽいというか、頭に描いているシラーそのものというか、ジェネリックローヌっぽいというか、エルミタージュ?とまでいくかもしれません。

思わず肘のスナップでグラスを回していた自分がいました。

少量ずつ口に含み、口内全体で液体を回す。

ボディーは柔らかいのに骨格はガッチリしていて収斂性もバッチリ。

流石に極旨ローヌにある獣感はまだ出てきていませんが、熟成すればもっと化けるでしょう。って思ってましたが、翌日エルミタージュっぽい獣感でてきて大化けしました。すごいですこのワイン。

単品で買ってもアフリカーさん価格2千円台前半でゲットできるので、シラーズ好きにはたまらないど直球ワイン。逆にシラーが苦手な人にはど直球で嫌いかもしれません笑。

3〜5千円ぐらいでうってる平均的な「クローズ・エルミタージュ」と同時の見比べなんかすると面白いかも。

本日の組み合わせ

https://twitter.com/shomin_wine/status/1725099603014656416

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Sランク


ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。