オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

アメリカ

高いワインを目指してる方向性?

ファウンダース・エステート カベルネ・ソーヴィニヨン

Founders’ Estate Cabernet Sauvignon

参考小売価格:2035円

産地:カリフォルニア

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン

購入元:アマゾン

インポーター:サッポロビール株式会社

先月から集中的に飲み比べをしているベリンジャー。今回はベリンジャーのハウスワイン的ポジションのカベルネ・ソーヴィニヨン。どのレンジもある意味「お値段通りのお手本的な味」なので、このワインも開ける前から安心感がありました。

シャルドネ、ピノ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンとある中で、一番最後に残ったってことは無意識下において一番楽しみにしていたかもしれません。

週末の贅沢ワインとして開けてみます。

外気温低さから、温度は意図せず11度と冷え気味スタート。香りは閉じちゃっています。味は酸っぱくて渋くとても飲めれる状態じゃありません。冷えたカベルネ・ソーヴィニヨンに口をつけた自分が悪いのですが、温度帯を意識しない人は似たような状況に陥ってしまうことを喚起したいです。

このままでは飲めなかったので、焼き肉のガスコンロ近くに置いて温めることに。

お肉を食べながら飲むと美味しく頂けたのですが、2千円の味はしないですね。廉価版のカベルネ・ソーヴィニヨンは単調な味なのである意味潔かったのですが、今回のカベルネ・ソーヴィニヨンは無理にワインっぽく(複雑に感じさせようと)してる味に引っかかりを感じました。

安いワインなら安いワインなりの味で納得できるのですが、高いワインの味を目指して失敗してるパターンですかね。この価格帯(2千円前後)のカベルネ・ソーヴィニヨンはチリ一択なのかも。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Dランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com