家飲みワインの強い味方
令和は業務用ワインをオンラインで
フランス/ブルゴーニュ地方

無性にブルピノが飲みたくなった夜

ドルーアン・ラローズ ジュヴレ・シャンベルタン・ディス・クリマ 2017

GEVREY CHAMBERTIN DIX CLIMATS 2017

参考小売価格:7200円

産地:フランス・ブルゴーニュ・ジュヴレ・シャンベルタン

品種: ピノ・ノワール

購入元:かめや

インポーター:モトックス

具体的な購入動機は忘れましたが、おそらく「ドルーアン・ラローズ」を誰かから紹介されたのを真に受け、特別な日用に残して置いていた究極の1本。無性にブルゴーニュピノ・ノワールが飲みたくなった衝動が抑えられず泣く泣く開栓。ACブルゴーニュは当たり外れが多い分買い控えていましたが、気軽に開けれる用に常備しておかなくてはですね。

さて、ドルーアン・ラローズ。うんちくを読み込むのはあまり好きではないのですが、エノテカさんの生産者紹介をななめ読みしても、手応えを感じてしまったので、つくづくワインは販売ページの作り方で決まるものだと再認識。

色はピノっぽくない黒紫。香りも強く、赤果実を主軸に森やシダといった複雑性もまずまず。筋肉質で化粧っ気を感じる整えられた味わいで、アルコールのピリリ感もあり。生産者情報では素材を生かしたとか、自然派っぽい事書いてましたが、「んっ、若いんかな」って語尾を濁したくなります。

バランス的には酸味タイプなので、食事との組み合わせで化けるタイプ。

事実ステーキと合わせましたが、最初の印象が嘘のように変わる満足度。

高級ワインって「高いんだからワインだけで味わうべし」なんて持論を展開してたのですが、高ワインだからこそ、料理と合わせるべきかもですね。

本日の組み合わせ

サーロインステーキを大根おろしとポン酢で

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Dランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
秋冬にぴったりのカジュアルワインセット

令和は業務用ワインをオンラインで仕入れる時代