オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
フランスその他

750ミリ換算500円ワインに挑戦

ロランジュレ カベルネ・ソーヴィニヨン 2019 BIB

 CHATEAU DE PENNAUTIER

参考小売価格:2000円(3リットル)

産地:南フランス

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン

購入元:IMADEYAオンライン

インポーター:いまでや

IMADEYAさんを知ったきっかけの箱ワイン。

業務用にラインナップされていたワインだったらしく、価格も業務用級でありがたいですよね。

基本的に南仏のワインは苦手なのですが、敬遠してると掘り出し物にも出会えないので購入してみました。

安さは正義ですが、販売ページのコメントにも気合が入っていると飲む前から気分良く挑めます。

価格はテーブルワインですが、味わいは本格派。
南仏の太陽をたっぷりと受けて熟したブドウ品種の特徴を十分に表現しており、渋みもしっかりあって飲み応えも十分。
まるでフランスボルドー地方産の本格派のような完成度です。デイリーなグラスワインにぴったりなバッグインボックスのワイン。
こちらで750mlのワイン4本分!ボトル1本あたり450円換算です!IMADEYAでも20年以上のロングセラー!
バイザグラスとしてのクオリティは絶対の自信です!ロランジュレは、南フランスの名門「シャトー・ペノティエ」が造るカジュアルライン。
農薬などは極力使用せずに、持続可能な農業を目指し、ナチュラルなテイストが楽しめます。
近年では環境に配慮したブドウ栽培を行い、フランス農水省が認めた「HVE=環境価値重視農業」の最高ランクの認証を取得しています。

https://www.imaday.jp/c/wine/gd8719

問題の味ですが、750ml換算で500円を切っていることを考えると「ありえない高クオリティ」。ただし、好みかどうかは別問題。

食事と合わせる晩酌ワインとして不満はないですが、その他の場面では他の開栓してる箱ワインに手が伸びることが多かったです。

本日の組み合わせ

ハンバーグはやっぱ合いますよね〜。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク /箱基準もBランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。