スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
オーストラリア

ほう!ワイン王国で評価されているんですね。

デ・ボルトリ・ディービー・ブリュット

De Bortoli DB Sparkling Brut

参考小売価格:980円税別

産地:オーストラリア

品種: シャルドネ80% ピノノワール20%

購入元:フェリシティ(楽天)

インポーター:ファームストン株式会社

フェリシティさんで購入していた激安スパークリングセットからの1本。

オーストラリア産以外の情報を遮断し、まっさらな状態で集中して飲んでみました。

飲み始めは冷蔵庫温度からスタート。

スパークリンググラスに注いだので、泡の量は豊富に感じます。

一口飲んで「おっ、イケるやん。」と好感触。

ポイントは甘く感じるのに、残糖感の無いナチュラルな甘さで、果実の旨味を感じれる点です。

ガス圧は見た目ほど高く無いですが、切れ味のある辛口でフィニッシュを迎えるのでスッキリ飲み終えれます。

その後徐々に情報開示。

まずは品種ですが、オーストラリア産って事である程度予想通りでしたが、味では判断できないほど印象とかけ離れていました。なぜなら、オーストラリア産のシャルドネ&ピノ・ノワールはオルタナティブなシャンパンであるべきなんて固定観念を持っていたからです。

しかし、価格をチェックして3桁ワインだったことに妙に納得といいますか、「キンキンに冷やして飲んでこそ楽しめる部類」であるからです。

その後、「オーストラリア最大級のワイナリー」であることや、「オーストラリアの権威性のある雑誌で最高評価」なんかを知ると、良い意味でコマーシャルワイン(安定感のあるとっつきやすい味わい)っぽい味に感じます。

ワイン王国の権威性がどの程度かはわかりませんが、販売店によって〇〇号掲載に相違があるので複数回登場している程評価しているのはわかります。

私自身も第一印象では定価千円台中盤ぐらいに予測していたので、費用対効果は間違いなく高いです。模倣シャンパンを期待せずに飲むと素直に美味しいです。

昨今の円安やインフレを考えると今後の値上がりは予想されますが、現時点で税抜3桁で買えるのはバグですよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。