スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/シャンパーニュ地方

実質2千円ゲットはありえないぐらい満足度高いわ

デジャンシエール エクストラ ブリュット NV ブルーラベル

Degencieres Extra Brut

参考小売価格:4000円

産地:フランス・シャンパーニュ・ヴァレ ド ラ マルヌ

品種: ピノムニエ60%、ピノノワール40%

購入元:シャンパンハウス(楽天)

インポーター:株式会社都光

Degencieres Extra Brut

シャンパーニュの甘辛度を示す指標「ブリュット」が辛口ならば、「エクストラ・ブリュット」はいわば超辛口表記。

辛口って日本的な意味合いだと、「からし」や「わさび」的な辛口が連想されがちですが、欧州や欧米では違う「辛口」ニュアンスらしいので、「ブリュット」や「ドライ」って単語を直訳するのは難しいらしいです。

そんな二次的情報はさておき、私の好みも甘口よりは「ブリュット」の方が好きなので、「エクストラ」って付いた「ブリュット」には響きだけで期待感が高まってしまいます。

このデジャンシエールシリーズは、単品価格こそ4千円前後なのですが、セット購入だと2千円前後でゲットできる庶民のシャンパーニュ。

2千円のワインといえば、マイナー地域、マイナー生産者のいまいちパットしないワインも数多く存在するので、シャンパーニュって原産地呼称ってだけで満足してしまいます。

全5種類、甘さと熟成違いでラインナップされており、同時の見比べなんかも面白そうですが、一本ずつ呑んでも十分テンションが上がるワイン。

すでに4種類テイスティング済みですが、「シャンパーニュ」って冠抜きにしても大満足。「2千円ワイン」として考えるとその費用対効果は抜群で、他のワインが霞んでしまうコストパフォマンス。

研究所って運営がなければ毎月リピート買いしそう(;´∀`)

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):25点

生産地:4点

アロマ :6点

バランス :8点

余韻 :6点

複雑性:7点

買いやすさ:3点

主観:8点

一口目は「うわぁ、酸っぱ。安シャンか?」って感じましたが、一本飲み切る過程で本領発揮。じっくり一人で楽しむのに適しておりますよ!

総合得点:67点

庶民のマリアージュ

シャンパーニュ関係の書籍。シャンパーニュのウンチク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。