オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/シャンパーニュ地方

持ち寄りワイン会に甘口シャンパンを選択

コラール ピカール ドミセック 

Collard Picard Demi Sec

参考小売価格:6600円税込

産地:シャンパーニュ、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ

品種: ピノ・ノワール50%、ピノ・ムニエ50%

購入元:CAVE de L NAOTAKA

インポーター:株式会社都光

半年ほど前に発売されていた甘口福袋でゲットした秘蔵っ子。

日本ではあまり見かけない甘口シャンパンですし、持ち寄りワイン会でドヤリングするために残していました。

シニアソムリエや県内のワイン有識者が集う会なので、珍しい物が好まれる反面、大きく外した時のために「シャンパン」みたいなブランド保険は必要。

そう言った意味では、原産地呼称や格付けワインは、仮にハズレだったとしても自分の責任が回避できるってわけです。

超富裕層の会だと「ヴィンテージが〜」みたいなマウント合戦に発展しますが、この日のメンバーは肩肘張らず気楽に飲み交わせる同士。純粋にそれぞれが飲みたいワインを共有したいだけなので、小難しいこと抜きに楽しみました。

午前10時、まずはクラフトビールスタート。そこからジョージアのビール、ペットナット、スティーン、熟成プロヴァンスなどを飲み干してから味わってみます。

香はスタンダードなトーストやナッツ風味。飲んでみると期待してた「あんまぁ〜い」ではなく、ブリュットより後味でほんのり甘く感じる程度。デザートとしてはインパクト弱い反面、締め泡としての役割はしっかり果たしてくれます。

初めて飲んだ甘口シャンパンでしたが、表記通りの「やや」甘口。ペアリングの難しさを考えると「辛口の万能さ」には敵わない中途半端な立ち位置かも。

疲れて糖分を欲している時にはもってこいですよ。

本日の組み合わせ

ワイン会でドヤリング。しかし、酔って感覚が鈍っていたのか、そこまで珍しく感じてくれなかった気が。。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com