オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

シノンが生んだ天国

シノン ル パラディ 2022 

CHINON LE PARADIS 2022

参考小売価格:2899円

産地:ロワール地方・シノン

品種: カベルネ・フラン

購入元:リカオー

インポーター:株式会社ルミノヴィーノ

年末にリカオーさんの店頭セールで購入していたロワール地方のシノン。

カベルネ・フラン100%のワインはニューワールドではなかなかお目にかかれないので、「カベルネ・フラン」の味を覚えるのに適した地域が「シノン」と言われています。

とはいえ、ふらっと立ち寄った酒屋さんでは売ってないのがシノン。

ワイン専門店でも取り扱いが少ないですし、大抵は3千円超えてくる代物。

実際に当研究所に登場するのも2年ぶり4本目という少なさで、「お前がシノンを語るんじゃねーよ」とひとりツッコミしてしまいます。

久々なので最高の状態で味わうべく、ハンバーグを食べるタイミングで飲んでみました。

香りは甘くて濃い熟されたプラム系。イメージしていたカベルネ・フランとは違い、グルナッシュやシラーのような南仏赤ワインに近い印象。

飲んでみると身構えていた「甘さ」は控えめですが、「シラー」と言われても納得してしまうようなスパイス要素があります。

ただ、年に1本飲むか飲まないかのシノンなので、本来のカベルネ・フラン(シノン)がこのような味なのかもしれません。同生産者の2017年ビンテージを過去に飲んだブログを読んでみてもカベルネ・フランの特徴とされている「ピーマン」というワードはでていませんし、あまり教科書的なものに引っ張らるのもいけませんね。

ともあれ、ペアリングの相性もあって、飲み始め40分で飲み干してしまう美味しさ。

濃い系ワインを1時間以内で飲み終えるって相当美味しくないと無理ですよ。

『シノンが生んだ天国』ル パラディ。定価で購入しても納得できるクオリティでした。

本日の組み合わせ

https://twitter.com/shomin_wine/status/1749708546869248299

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。