オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ボルドー地方

3千円ボルドー3年ぶりに買ってみる

レ トゥール ド ボーモン 2016 セカンド

LES TOURS DE BEAUMONT 2016

参考小売価格:2750円

産地:ボルドー地方 オー・メドック

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン 55%、メルロー 45%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

コスパを追い求めると、チリを始めとした新世界やヨーロッパの温暖地域ワインを中心に購入してしまいがち。

そういった意味で、3千円出すなら南アフリカワイン買っておけば5千円のボルドーぐらいのクオリティがするはずだと思い込み、ボルドーは最も避けていた地域かもしれません。

そんななか、とあること(詳細は上記動画)がきっかけで3千円ボルドーと向き合ってみることにしました。

ちょうどそのタイミングで有名ボルドーグッドビンテージセットなるものもがクーポンを使えて魅力的に感じたので、買ってみた次第であります。

3千円ボルドーを3千円出して購入するのはなんと3年ぶり。

美味しく飲むための準備を整えてから飲んでみました。

まずは抜栓直後に味見。

開けたて直後は酸っぱ渋いと知っていながら飲んでみて安定の酸っぱくて渋い味わい。

想像していた3千円ボルドーの第一印象だったので、お値段通りの味ですが、今回は環境を整えて挑んでいます。

ポイントは塩コショウたっぷり効かせたステーキ肉。

ワインがスパイス効いているタイプなので、胡椒のピリ辛と完全調和。

ステーキの油分をワインのタンニンが中和し、マリアージュ成立。

フランスワインは食事と合わせる用に造られていると言われていますが、まさに料理で化けます。仮に千円の金賞ボルドーだったとしても同じぐらい美味しく感じていたでしょうが、本番はこれから。

食後歯を磨いて、散歩し、掃除し、入浴、ストレッチをして水を飲んだ状態で寝る前に飲み直し。

完全に開いてますね。

ピリ辛スパイス要素が余韻に残るので、スルッとキレイに飲める赤ワインではないですが、普段飲んでる千円ワインとくらべると3倍美味しいといえる複雑性と立体的な味わいを体験することができます。

酸味とタンニンに存在感があるので、濃厚な安物プロセスチーズかじって飲むと尖った要素が消えてマリアージュ成立。ブラックコーヒーとニューヨークチーズケーキのマリアージュを超える組み合わせ。

ボルドーは、ワインだけ飲んでも値段分の美味しさを理解することは難しいので必ず、お料理と合わせて楽しんでみてください。チリや南アフリカにはない魅力を発見することができますよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com