スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
・テイスティング日記

これはモンラッシェ(本家を飲んだことはない)

デ・ウェフォフ バトラー

BATELE CHARDONNAY

参考小売価格:8500円

産地:ロバートソン・ヴァレー

品種: シャルドネ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

年末年始の貴族ワインシリーズは、英国王族御用達シャンパーニュに引き続き、世界最高峰白ワインのモンラッシェ(ただし南アフリカの)を賞味しました。

店主様からの助言では、まだ飲み頃ではないと忠告を受けていたのですが、貴族シャルドネのストックがこのワインしかなかったため渋々抜栓。

ファーストインパクトは「辛っ」って味わいで近寄りにくかったのですが、2杯目から開眼。完全に特級畑ワインのモンラッシェの味わいに大変化。

そもそもわたくしはモンラッシェたる貴族ワイン中の貴族ワインを飲んだことがないのでなんとも言えない所ではあるのですが、定価8500円の味ってこんなのなんだぁ〜って思える説得力はありました。

単体で飲んでいると「辛さ」や「しょっぱさ」はあるのですが、おせち料理と合わせていると、クリーミー、ボリューミー、まろやか、円味、バニラ、バター、林檎と蜂蜜的なワードが調和して恍惚。

定価価格に対しての満足度は正月気分でもクリアしてますし、通常セット価格税込み16500円(5本)も大満足レベル。しかし今この記事を書いてて驚愕。

正月限定で−3300円クーポンなんか発動しちゃってるやないですか。

激おこプンプンまではなりませんが、一般庶民のワインラバーとして、このチャンスをみんなに逃してほしくないのが純粋な本音。

ぜひこのモンラッシェの感動を共有したい次第です(ムルソーコルトン・シャルルマーニュシャブリもあるよ)。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):0点

生産地:3点

アロマ :6点

バランス :8点

余韻 :6点

複雑性:7点

買いやすさ:3点

主観:10点

総合得点:43点

庶民の正月マリアージュ

おせち料理と完全に調和

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。