スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ロワール地方

自然派赤ワイン、全部同じに感じる説。

コー・ボーイ 2018 ポー・ルージュ

COT BOY 2018 PEAUX ROUGES 

参考小売価格:3400円

産地:フランス・ロワール

品種: コー80%、ガメイ20%

購入元:三本酒店

インポーター:日仏商事株式会社

日仏商事さんの試飲会に参加していて、後日なにか買わないと悪いなって返報性の法則が発動し、ラインナップされていた中で下から安いやつ3本選んだうちの1本。

安いといっても、そこは手間暇かかってそうな自然派ワイン。定価3千円オーバーと完全に貴族価格。

試飲会では、ラインナップされていた中で高いやつ(5千円オーバー)を狙い撃ちして飲んでいたのでスルーしていましたが、家飲みでは3千円でも贅沢レンジ。

週末の贅沢ワインとして飲んでみました。

外観は黒ワイン(マルベック)と呼ばれるだけあって透過性ゼロの濃い色合い。

ミントのような爽快感のある要素に、凝縮感のある果実味がバランス良く混ざり合うアロマ。

酸味主体の酸っぱい系で、タイプ的には食中ワイン。ざらついた感じが舌に残るので感覚としては濃いブドウをそのまま食べているような印象。

とは言いつつも、平均的領域から抜けきれず、値段なりには楽しめるものの、生産者の主張、独自性、特徴なんかを感じることは出来ませんでした。

最近自然派ワインの比率は増えだしましたが、まだまだ経験値が浅いので、赤ワインは違う品種でも価格帯が同じだと似たような味わいにしか感じないんですよね。

感覚の問題もあるかもしれませんが、自然派「赤」ワインはしばらく控えたいかな。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Dランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

バーベキューなどの肉料理野外のみ、オンライン飲み会

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。