スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
ポルトガル

ポルトガルも安旨ワインの宝庫かも

ボルリード・ブリュット NV

Borlido Bruto / Companhia das Quintas 

参考小売価格:1300円

産地:ポルトガル・バイラーダ

品種: ロウレイロ 40%/アリント 20%/フェルナン・ピレス 20%/アヴェッソ 20%

購入元:かめや

インポーター:モトックス

なんとなく高級シャンパンのボランジェに似ているラベルなので雰囲気は高級感が漂っているのですが、実勢価格1000円と庶民のデイリーワインポジション。

記憶はおぼろげなのですが、モトックスさんの告知ツイートで狙いを定めたワインですが、購入から日数が立っていたため、予備知識ゼロで飲んでみました。

注ぎたては豊富な泡の量で強炭酸。瓶内二次発酵も伊達じゃないきめ細かな泡がテンションを高めてくれます。

香りは柑橘主体でフレッシュで軽やかなファーストアタック。

飲んでみてもレモンピールを感じる酸味主体の切れ味抜群のドライテイストで、揚げ物なんかと合わせると相性抜群です。

炭酸が抜けてくるとトースト香なんかも現れてきて、目指している方向性はシャンパンだとはっきり分かる味の残像。

感覚では小売2000円クラスの満足感は得られるので、殿堂入り候補としてマーキングしたい所ですが、個性が無い所がプラスでもある反面マイナスポイントかも。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 揚げ物料理と
  • ポテトチップス食べながらアニメ

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。