オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ブルゴーニュ地方

緊急事態の反動で庶民のブル祭り発動

ボーヌ レ ピロル 2017 ポールレイツ 

Beaunue Les Piroles Paul Reitz

参考小売価格:6800円

産地:フランス・ブルゴーニュ・ボーヌ

品種: ピノ・ノワール

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

去年の頭に購入した高級赤ワインくじで当たった1本。

ポジション的には末当で、くじ価格5980円ながら定価6800円とお買い得感は低めですが、飲むのをもったいなく感じてしまい1年以上放置しておりました。

そんな折、本日東京へ行く予定だったのですが、緊急事態宣言の延長で断念したので、ブルゴーニュ飲みまくることを決意します。

色はブルゴーニュにしては濃く深く、蛍光灯を上から透かしてみるとピノっぽい透過性があります。

若干オレンジっぽくなっており、実際のビンテージより熟成されてそうな外観ですが、香りは化粧っ気を感じる工業的アロマ。

飲んでみると魚の生臭さを感じたので、グラスがキレイに洗えてなかったことを疑いましたが、グラスを変えても表情は同じ。

結論から言うと軽いブショネ。

酸が立っているので、普通の人は気付きにくいレベルですが、後半から湿ったダンボールの匂いも出てくるので自分の中では確信が持ててます。

まぁ、しょうがないっす。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:F

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • ブラインドで誰かに飲ませてみる。

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com