オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ブルゴーニュ地方

「畑名」ブルゴーニュを普段日に飲んでみる

ローラン コニャール  モンタニー プルミエ クリュ クロ デュ ヴュー シャトー モノポール 2018

Montagny 1er Cru Clos deu Vieux Chateau Laurent Cognard

参考小売価格:7000円

産地:フランス・ブルゴーニュ・モンタニ

品種: シャルドネ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:楽天

Montagny 1er Cru Clos deu Vieux Chateau Laurent Cognard

シャルドネの銘醸地ブルゴーニュの中でも、コストパフォマンスに定評のあるコート・シャロネーズ地区。そんな中、「モンタニー」って、実は本物の貴族は眼中にない所ですが、逆に言えば庶民の贅沢ワインとしては絶妙な立ち位置のアペラシオン。 今回はそんなモンタニーの中でもプルミエ・クリュ(1級畑)に格付けされている非常に高貴なワイン。

そんな贅沢価格の代名詞である「ブルゴーニュの畑名」ワインですが、おなじみ「CAVE de L NAOTAKA」さんの楽天スーパーセールの目玉的シリーズ「ちょっといいワイン3本セット」でゲットしました。

今回のワインは、3本セット内の目玉的ポジション。なにか特別な日に開けようと計画していたのですが、無性にタルタルした上品なワイン(樽の風味が効いた高ワイン)が飲みたくなった為、自制する事ができず飲んでみました。

香りは期待通り「わざとらしくない樽感」を楽しめ好印象。注ぎたてはブドウ本来の酸味と、熟成工程で風味づけされた樽感が、主張しあって喧嘩している印象。端的に言うと玄人好み。

ただ飲むのではなく、口の中に含んで4.5回舌で転がしながらながら楽しむタイプ。

凝縮感のある樽感タイプといえど、バターやバニラ風味ドッカンではなく、苦味や辛味とのバランスが程よく、余韻の切れ味も鋭いので、貴族の食中ワイン的ポジション。

庶民の高評価ワインは比較的キャッチャーでわかりやすいタイプを選んでいるので、当研究所内でのランクは下になってしまいますが、デイリーが3千円以上の味覚だとテロワールも感じれる優美なワインですよ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • マインドフルネスで一口ずつ噛み締めながら飲む

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。