オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

アメリカ

シャルドネの振り幅、ハズレた時の破壊力

ベリンジャー カリフォルニア・シャルドネ

Beringer California Chardonnay

参考小売価格:1329円

産地:カリフォルニア

品種: シャルドネ

購入元:アマゾン

インポーター:サッポロビール株式会社

セールでまとめ買いしていたベリンジャーシリーズのエントリーライン。

なんとなく危険な雰囲気が漂っていたのですが、「日本人の味覚に合わせてたエントリーシリーズ」ということで玉砕覚悟で挑んでみました。

まず、シャルドネを飲む前に確認すべきことは、「樽の風味(バニラとかバターっぽい)」タイプなのか、「柑橘主体(スッキリ系)」なのかを知っておくこと。

コク甘タイプとスッキリ辛口タイプでは対極に位置する味わいなので、想定している味の真逆だと最悪な印象を受けかねません。

まずはサイトをチェック。

上位レンジのシャルドネは説明書きに「樽」としっかり記載されているのですが、このエントリーワインには「樽」の文字がありません。

HPによると、

シャルドネ種の果実味あふれるワインです。洋梨や桃のような香りと爽快な口当りが特長です。きりっとした風味が普段の和食や軽い食事を引き立てます。

https://www.sapporobeer.jp/product/wine/L278/

そして、アマゾンの販売ページでは白身魚の刺身、ちらし寿司とのペアリングを推奨しております。これはもう「スッキリ辛口タイプ」でしょう。

タイのお刺身や、巻きずしを食べるタイミングで登板させてみました。

外観は予想より濃い目、香りで嫌な予感しましたが、飲んでみて驚愕。

余韻で生クリームを感じるほどの強い樽要素。いや、これは樽ではなく、オークチップを混ぜ込んだような後付の樽感です。

キリキリのシャブリ系を身構えていたのでギャップで不味く感じます。

カレーを食べるつもりが、間違えてチョコレートを口に入れたような感覚です。

急遽バター系の料理を登板させて飲むようにしたものの、モヤッとはします。

アマゾン販売ページ内をくまなく読み直してみると、「樽の風味をおさえた、果実味あふれるワインです。」なんてあるから、一応「樽タイプ」って主張はしてるみたいなんですね。不覚です。

9度スタートで飲んで微妙に感じましたが、冷蔵庫でキンキンに冷やして飲むと良い感じでしたよ。

本日の組み合わせ

濃厚チーズの自家製ピザと合わせると美味しく頂けました!

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com