スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
スペイン

スペイン最強の格付け

パゴ デ ロス バラゲセス シラー ヴェガルファロ 2016 

Pago de Los Balagueses Syrah 2016

参考小売価格:5400円

産地:スペイン・バレンシア・パゴ・デ・ロス・バラゲセス

品種: シラー

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

リオハやプリオラートに与えられた【特選】原産地呼称保護【DOCa】の格付けランクを更に上回るスペインの格付けがあるのをご存知でしょうか?

その名も「Vino de Pago」単一の畑に限定されたブドウから造られる高級ワインとされおり、ずっと気になっていたのですが、まぁ売ってない、みかけない。詳しくはこちら

最近ワインエキスパートの講義で受講生にその階層を語ったばかりなのですが、「飲んだことないくせに語っちゃってる自分」にモヤモヤしていたのです。

そんなとき、おなじみ「CAVE de L NAOTAKAのラスト5時間ちょっといいワイン3本セットシリーズ」の目玉として発見。

21時の開始5分前からスタンバイし、無事ゲット。毎回売り切れ必須のシリーズなのですが、今回も買えなかった方の報告では3時間後には完売していたらしいので、今後も注視すべき企画と言えます。

日曜日に届き、月曜日に抜栓とあまり休ませなかったのですが、次の日が不燃物の日だったので、重厚感のある大きなボトルを早く処理しておきたかった動機で飲んでみました。

一口目は「まぁこんなもんかな」と可もなく不可もなし的に飲んでおりましたが、10分もすれば真価を発揮。

まろやかなのに、シラー特有のスパイス要素も適度効いていて味に深みが感じられます。

凄まじいワインを受け入れる体制で飲み始めて、その欲求を見事に満たしてくれた満足度。

定価で考えても、普段あまりみかけない「Vino de Pago」を経験できる意味では合格。

濃くて強いワインが飲みたい気分の時に飲めば、文句の出ようがない逸材です。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 一日の終りに「ちょっといいワイン」を開けたい特別な日に

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。