オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/アルザス地方

地域密着型店舗で掘り出し物あり/アルザス品種飲み比べ

<アルザス/ALSACE>リースリング・ヴィエイユ・ヴィーニュ/ゲベルツトラミネル・トラディション

購入価格:各1513円

産地:フランス/アルザス

品種:<リースリング><ゲベルツトラミネル>

購入元:地元の酒屋(リカオー)

同じ生産地の違う品種飲み比べです。最近は6本5%オフで、ポイントが貯まる地元の酒屋さんにハマっています。輸入も自社で行なっている酒屋さんなので、ネットで売っていないところが当サイトのコンセプト外な気もしますが、ご了承くださいませm(_ _)m

リースリング

濃いめの黄金色で、さらっとした印象は、まさにリースリング。

新築の家や、下ろしたての服のような香り。これが俗にいう『ペトロール」のニュアンス。アタックも強烈で、レモンを凝縮した味わいで喉が焼けそうな切れ味がしました。余韻も長く、とてもこの価格帯とは思えない優雅なタイプです。

ゲベルツトラミネル

淡い黄緑で、注目すべきは粘性の強さです。グラスを回しても、液だれがしない。ゲベルツトラミネルに有り勝ちな教科書通りのライチアロマと青リンゴ。香りを嗅いだ瞬間にむしゃぶりつきたくなるぐらい、官能的な雰囲気。ふくよかな果汁味で酸味が少ないは、20代後半の聡明な女性を連想させる。

流石、アルザス地方を代表する両品種なだけあり、どっちがどう優れているとかでなく、飲みたい気分によってわけたい2本。

リースリングは3時のおやつにチーズケーキと。

ゲベルツトラミネルは、食後のデザート酒として、ワインだけで楽しめるタイプです。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com