ドイツ

食中ワインとしてのリースリング。

リースリング ファン・フォルクセン 2017

Van Volxem Riesling VV 2017

参考小売価格:2900円

産地:ドイツ・モーゼル

品種: リースリング

購入元:鬼田酒店

インポーター:株式会社ラシーヌ

Van Volxem Riesling

昨年ビンテージ違いを飲んでおりますが、地元酒屋さんでラシーヌ特売やっていたので購入しました。

定価3千円クラスのドイツリースリングは美味しくて当たりまえなので、今回は食中ワインとして組み合わせを楽しみながら飲んでみました。

まずは餃子

普通に会うどころか、お互いがお互いを高め合うマリアージュ成立。

リースリングの甘み酸味が、にんにくや豚肉の餃子臭を消しつつ、旨味だけをキープ。

次にアジフライと春巻き

春巻きは餃子と同レベルの満足度でしたが、アジフライはもう昇天級。

これはアジフライのクオリティにも左右されるのですが、今回のアジフライは地元スーパーで売られていた肉厚で衣もサクサクしている人気の100円お惣菜。予想では魚の生臭さがでてくると身構えておりましたが、調和や融合と言った言葉にピッタリの組み合わせ。アジの旨味は増し増しで、サクっとした衣も、リースリングの引き締まった酸がお互いを引き立てます。

リースリングの後味は、紅茶風味のデザート的な要素も兼ね備えているので、飲みだしたら止まらない。

褒めだしたら止まらないものの、3千円ドイツリースリングって正直な所何飲んでも何選んでも安定してうまいんですよね。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 身体が外せないリースリングを欲した時。
  • リッチな夕食に

ABOUT ME
井原大賀
井原大賀
〜ワインをより多くの人に〜GrapeJapan合同会社代表| ソムリエ協会認定講師|ワイン評論と音声メディア運営| 人と時間に縛られない田舎暮らし