スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ボルドー地方

狂気価格に精神崩壊。いいんですか、これ?

シャトー ヴィニョー サンテミリオン グラン クリュ 2006 

Chateau Vignot 2006

参考小売価格:7500円

産地:フランス・ボルドー・サンテ・ミリオン グラン・クリュ

品種: メルロー60%、カベルネ・フラン35%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

こんな高いワインいつ買ったっけ?

ラベルを眺めていると、そんな疑問がわいてきたのですが、インポーター(株式会社都光)をみて「あ〜激鬼コスパね」と納得。

普通サンテミリオンって安くても二千円代後半。しかもグラン・クリュ表記(サンテミリオンの特級にどこまで権威性があるかわかりませんが)だと、安く見積もっても3千円オーバーは常識とされている相場なので、「鬼コスパ」ってネーミングに説得力を感じる1本。

しかもラインナップ順的には数合わせポジション(下段)

定価7500円設定なのに、現在売価を乗せる男気もさることながら、未だ飲んでいない上段への期待感が更に膨らみます。

で、このワインの感想ですが、普通に3千円を軽く超える満足度を得られました。

2日に分けて飲みましたがピークは翌日。

オレンジがかった熟成色が、「若高では味わえない深み」を得ることができる高貴なワイン。

熟成年数は15年ですが、経験上23年熟成と遜色ないきれいな熟成度合い。

1本送料無料から売られている狂気的販売(8月13日夕方まで)なので、四の五の勘ぐらずに買ってみてはどうでしょう?

絶対後悔しないですよ!

本日の組み合わせ

自家製牛すじの煮込み

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。