オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

醸造アルコールの嫌悪感を克服せよ

特撰 米一途 山田錦

参考小売価格:908円(720ml)

産地:さいたま市

品種: 山田錦、醸造アルコール添加

購入元:佐野屋

製造元:小山本家酒造

美味しんぼの影響で醸造アルコールに抵抗ありますが、少しずつ克服しようと金賞ポップを信じて購入しました。

日本酒初心者故にそういった情報に頼らなくてはならないものの、ワインでも散々金賞の権威性について苦言しているだけに自己矛盾を感じていることろではあります。

とはいえ、ワイン飲み始めのピュアな気持ちを思い出させてくれるので、この経験がよりワインをわかりやすく説明できるのではないかと期待しているわけです。

さて、この日本酒ですが、同時に飲み比べしていた純米とは明らかに色調が違います。

白ワインでも通用しそうな黄色で、日本酒も外観にチェックポイントがあることに初めて気づきます。ワインもそうですが、特徴を覚えるためには2種以上の同時飲み比べは必須。並べてみて初めて比較ができます。

香りは飲み放題対応の日本酒で遭遇する薄ら甘いアルコール臭。決して心地よくはないですが、このあたりは慣れていくもんなんでかね。

飲んでみるとびっくりするぐらい濃厚で濃密で「うまぁ」となります。

教科書的なものでは醸造アルコールはフルーティーで軽快にする作用があると勉強していたので意表をつかれます。

同時に飲み比べしている純米酒と比べて美味しく感じているので、醸造アルコールに対する嫌悪感が和らぎました。とはいえ、日本酒だけで飲むと味見で飲み飽きるので、食中前提で楽しむことにします。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

アマゾン購入ページ

楽天購入ページ

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。