オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

スイカラベルのスイカ味ロゼ。

スクセスヴィ二コラ パチャンガ 2019

Succés Vinícola Patxanga 2019

参考小売価格:2500円

産地:スペイン・カタルーニャ

品種: トレパット

購入元:三本酒店

インポーター:ディオニー

Succés Vinícola Patxanga 2019

地元の酒屋さんから注文時のラインで「人気」と煽られて購入した一本。

普段ならスルーするのですが、2千円ちょいだし、赤、白、ロゼと同じ価格帯の生産者でシリーズコンプリートできたので、興味が湧いた次第です。

なによりこのエチケットの「スイカ」とてもインパクトありませんか?

ビーチサンダルやアイスキャンディーもあるので、「夏」を意識してそうなラベルなのですが、脳内では「スイカ味のワイン」と変換されており、受け入れ体制もスイカ味を欲した状態で飲んでみました。

結論から言うと、スイカの味は確かに感じます。

ただ、美味しいか、普通か、不味いかの3択で問われると、自信を持って「美味しいロゼ」と答えるでしょう。

ポイントは味わいの厚み。

はっきり言って、2千円ロゼでここまでボリュームのあるワインに初めて出会いました。

ライトボディーの赤ワインに匹敵する飲みごたえ。

8度スタートで飲むと渋さが勝ちますが、バランスが整うベスト温度は14度前後。

なにか初めて飲むワインにしては、以前飲んだことあるような気がしていたのですが、集中して思い出すと、「炭酸の抜けたシャンパン」の味に酷似。

パンドゥミやナッツの要素もさることながら、血液や茎の要素もキャッチできる複雑性。

酔いが回れば恍惚な気分にも浸れますが、スイカ味って事を思い出してもらうと、このワインのカジュアル度合いは理解していただけるかと。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 中華料理とのマリアージュ

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com