オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

庶民の味方「コロンバール」

ドメーヌ ド ミゼル キュヴェ イゾート コート ド ガスコーニュ ブラン

DOMAINE DE MISELLE IGP Cote de Gascogne

参考小売価格:1298円

産地:フランス・ガスコーニュ

品種: コロンバール80%、グロ・マンサン20%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

少し前まではガスコーニュといえばアルマニャックぐらいしか意識しておりませんでしたが、最近飲んだガスコーニュ産の「ロロール オン ガスコーニュ ブラン ベルナール マグレ」がどえらい美味しかったので、このワインも飲むのを楽しみにしておりました。

コロンバールってぶどう品種は「ワイン検定」でも触れることないですし、一般的に認知度は低め。

チャットGPTによると、

コロンバールワインの味わい特徴は以下のようなものです:

  1. 鮮やかな酸味: コロンバールワインは一般的に鮮やかな酸味を持ちます。この酸味は爽やかさと活気をもたらし、飲みやすさを提供します。
  2. フルーティな香りと味わい: コロンバールワインはフルーティな特徴を持ちます。柑橘系の香りや味わいが一般的で、レモン、グレープフルーツ、ライムなどのフルーツのニュアンスが感じられます。
  3. 軽やかなボディ: コロンバールワインは一般的に軽やかなボディを持ちます。軽快でバランスの取れたワインであり、飲み疲れしない特徴があります。
  4. ミネラル感: 一部のコロンバールワインには、石灰岩や鉱石のようなミネラル感があります。これは土壌や特定の産地の影響によるもので、風味の一層の複雑さを加えます。

コロンバールワインは、軽快でフルーティな特徴と鮮やかな酸味が特徴的であり、気軽に楽しむことができる白ワインです。

とのこと。

このワインもまさにこのような味わいで完全に一致してます。

毎年何らかの賞を受賞していると謳っているだけあって、その実力は伊達じゃありません。

食事と合わせやすいですし、ネガティブな要素もありません。冷やし気味で飲んでも美味しいですし、温度が上がってきてもダレることなく最後まで飲めます。

アルコール度数が軽め(11.5度)だったこともあり、晩酌開始から約20分でフィニッシュ。いつもながらある意味コスパの悪いワイン(笑)

最近は一日1本で我慢しておりましたが、流石にこの日はもう1本追加で飲みました。

飲み終えた今、コロンバールが入っているワインセットを注文しちゃいましたよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com