オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/北部

新企画、本日の組み合わせ発動。

ロータリ ブリュット ロゼ

Rotari Brut roze

参考小売価格:2300円

産地:トレンティーノ・アルト・アディジェ

品種: ピノ・ノワール 75%/シャルドネ 25%

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Rotari Brut roze

モトックスさん低価格スパークリングを全て飲み干すべく、前回高評価だったロータリのロゼを購入。

価格はノーマルより300円高いながら、品種はピノ・ノワールとシャルドネなので、期待してしまうのは勿論「シャンパン的味わい」。

インポーターの商品サイトでは、サクラアワードを筆頭に、様々な評価を獲得していることが確認でき、意識してしまいます。

まず、泡の量は中の上レベル。冷蔵庫温度からスタートしましたが、香りは取りづらく、果実要素主体で複雑性は低いです。

飲んでみても味わいの膨らみは無く、千円前後の飲み慣れているロゼ泡と何ら代わり映えのない満足度で肩透かしを喰らいます。

梅やさくらんぼの要素を感じ、良いように言えば「フレッシュで酸が立っている飲みやすいスパークリング」って感じです。

本日の組み合わせ

料理の味を邪魔しなかった意味では良かったですが、マリアージュ不成立。

やり直すならネッビオーロ、ゲヴェルツトラミネールあたり。

↓ナッシュさん、「旨い」「安い」「便利」の3秒氏揃ってますよ



庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Eランク

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com