オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

ナチュールって書いてないのにナチュール

ガッジーナ デ ピエル ロカ デル クリ 2020

Roca del Cri 2020

参考小売価格:3850円

産地:スペイン

品種: カリニャン80%、グルナッシュ20%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

ちょっと変わったワインが飲みたいなと思ってたタイミングで購入したちょっと変わったワイン。

ジャケ買い要素が強いですが、三つ星レストランの元ソムリエが手掛けるワインということで、只者ではないということだけはわかります。

ともあれ、ワインにとってのジャケ買いはCDやレコードよりも重要性が高いかもしれません。

ただ、文字が羅列されているものが多い中、コストかけてイラストで表現したいということですからね。実際に奇抜なデザインのワインボトルにおいて、平凡なワインで似たりよったりのワインは皆無と言っていいでしょう。

未知の味に出会えることを期待しつつ、濃いワインを飲みたいタイミングで開けてみました。

抜栓は飲む30分前。グラスに注いで用事していたら自然に開いていました。グラスを机の上においている状態でタイピングしていても香りをキャッチできるほどパワフルなアロマ。これは高そうなワインだな〜と値段を確認して納得の定価3800円。

普段なら注いで5秒もせずに飲んでしまいますが、このワイン、今注いで40分経過した段階でまだ口をつけていません。

庶民のワイン研究所で消費するワインとしてめったにお目にかかれない「香りだけで楽しめるワイン」。

逆に、飲むとイメージが悪い方に変わるのが嫌でなかなか飲めないとも言えます。

おそるおそる飲んでみると、ナチュール界隈で喜ばれそうな王道的濃いナチュール赤ワイン。熟したブドウをそのまま食べているようなテクスチャーに、もさっとした田舎っぽさ。酸味と控えめな甘さが濃いと思わせないバランスを整えており、アルコール度数の高さは感じるもののアルコールが浮いている感じを受けません。

ナチュール系のキャピッとした果実味爆弾で攻めてきて、グラスを回すたびに表情を変えてきます。濃いすぎるぐらい濃いけど清涼感があるので、アルコール度数(14.5%)ほどの重々しさはないです。

良い意味でグラス1杯で満足でるので、飲んでる時間幅でコスパを考えるとデイリー安ワインよりコスパ良いかもしれません。

3日ぐらいかけて変化を味わいながらゆっくり楽しみます。

本日の組み合わせ

食後の追い込みワイン

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。