オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストリア

グリューナー、ハズレ無し説を大声で唱えたい。

トーニ グリューナー・ヴェルトリーナー 2019

TONI – Grüner Veltliner 2019

参考小売価格:2000円

産地:オーストリア

品種: グリューナー・フェルトリーナー

購入元:鬼田酒店

インポーター:株式会社ラシーヌ

ラシーヌ特売で買いだめしていた1本。同じ生産者の上位ラインである「ヴァイングート・スールナー グリューナー・ヴェルトリーナー・ゴルトベルク サルファーフリー&アンフィルタード」が庶民のワインランクSだったので、期待できます。

そもそもグリューナー・フェルトリーナーをいつも飲むたびに同じことを書いてしまうのですが、安価でも安定した味わいでどれも満足度が高いです。

頻度的には2ヶ月に1本ペースの消費量なので、飲み慣れていない故に感じる新鮮さが、気持ちを盛り上げてる感はありますが、最大の理由は「ネガティブ要素」が見つからない味わいだということ。

2千円前後のクラスだと、癖っ毛が少なく、果実爆弾的な要素も無いので、ナチュラルな飲み心地でスイスイ飲めちゃいます。

アッサリ系なのに、骨格がしっかりしているので水っぽさもなく、バランスも綺麗。

酸味主体なので、食事とのペアリングも幅広く対応できる他、日中の燃料飲料水としても楽しめますよ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • あっさりした料理との組み合わせる
  • 休日のモーニングとともに。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com