スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
ポルトガル

ヴィーニョ ヴェルデの概念が変わる

ヴィネサ ロウレイロ バリッカ キンタ デ アマレス

Quinta D’Amares Vinesa Loureiro

参考小売価格:4400円税込

産地:ポルトガル

品種: ロウレイロ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

最近当研究所が猛烈プッシュしているカスタム3本セットからの1本。

毎月1日の食フェスクーポンを発動させると、1本送料込みで2000円になるので、セレクトできるワインは実質半額で購入できるのであります。

このワインを選択した理由はずばり、「高い(3千円以上)のポルトガルワインを飲んだことがなかったから」です。

千円からでも割と掘り出し物が多く、ハズレ率も少ない国のワインが、4千円になったらどんな味がするんだろうと興味津々。

そして、微発砲の低アルコールワインって印象しかなかった原産地呼称「DOC ヴィーニョ ヴェルデ」ときたので、好奇心はさらにそそられます。

週末の贅沢ワインとして飲んでみました。

ボトルは蝋キャップで高級感ありましたが、コルクが意外と軽いタイプだったので「んっ」となりましたが、注いでからの香は納得の高級ワインクオリティ。

高級ワインバーで出てきそうな印象で、飲んだ感じはボーヌ(ブルゴーニュ南側)の1級畑クラスを彷彿させます。

クリーミーで上品なバター香にローストされたナッツの風味。パワフルなのに繊細さもあって端正なバランス。苦味と辛味が程よく、食事の場面でも対応可能。

飲み勧めるごとに評価も右肩上がりになってくるので、ゆっくり変化を楽しみながら飲んでもらいたいです。

今ならラインナップに残ってたので、安価に試せますよ。!

本日の組み合わせ

集中テイスティング。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。