スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランスその他

シーフード料理との相性は抜群

ポール・ジャブレ・エネ ヴィオニエ 2018

Paul Jaboulet Aine Viognier 2018

参考小売価格:1400円

購入価格:6本で6908円(セット購入)

産地:フランス

品種: ヴィオニエ

購入元:ワインショップ ドラジェ(楽天)

インポーター:三国ワイン

Paul Jaboulet Aine Viognier 2018

今年の初めごろに買っていたワインセットの1本。

ヴィオニエって品種は、特徴が掴みきれていないので集中して飲みたいと思っていたらいつの間にか購入から半年経過。

すなわち、必然的に半年ぶりに飲むヴィオニエ100%のワインであります。

香りは白花主軸で、アプリコットがちらほら。濃厚なボディーですが、酸味と甘味両方の要素が低いため、濃厚な液体なのに飲みごたえは軽いです。

突起した要素もなく、ニュートラルな味わいで、食中ワインとしては超優秀。その反面、ワインだけで楽しむとなると、物足りなさは否めません。

フランスのヴィオニエならローヌ産かなって思ってたら、調べてびっくり、VDF(ヴァン・ド・フランス)。フランス産としか産地がわからないこのワインは、果たしてどこの葡萄を使っているのか、、、、

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):50点

生産地:1点

アロマ :2点

バランス :6点

余韻 :2点

複雑性:5点

買いやすさ:3点

主観:6点

総合得点:75点

庶民のマリアージュ

ウェブや書籍で著者や販売元が提案する、ワインと料理の組み合わせは概ねって手の込んだ料理や、名前が横文字の気取ったメニューばかり。実際に再現できるのは富裕層の料理上手な専業主婦か、ガチで料理が趣味の人ぐらいではないでしょうか。

そんな悩みを解決すべく、当研究所では、毎日投稿したワインで身近なマリアージュを成立させます。実際に試しているわけではないですが、ワインの味わいからしっかりイメージを捉えますので、大きく外すことは絶対にありません。すなわち、「個人の主観です!」なんていいわけはしまませんよ。

では、さっそくこのワインに合う食べ物を提案させていただきます。

  • ゆでブロッコリー
  • 帆立のバター焼き
  • サバの塩焼き
  • タイのカルパッチョ
  • 餃子

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。