オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

歴史あるロワールの名門らしい

ポール・ルイ

Peut ‘Louis

参考小売価格:1430円

産地:ロワール

品種: シュナン・ブラン

購入元:アマゾン

インポーター:サッポロビール株式会社

アマゾンのゴールデンウイークセールを物色して購入した1本。

決めてはやっぱり「クレマン・ド・ロワール」が千円台前半で買えるってこと

シャンパン以外の原産地呼称スパークリングで、1,2を争う好みなクレマン・ド・ロワール。単品で購入しようとすると2千円は超えてくるのでかなりお買い得です。

しかし、到着後、エチケットを確認すると「クレマン・ド・ロワール」の表記なんてありません。

「えっ」

と思って調べてみると、たしかに販売ページに「クレマン・ド・ロワール」なんて文言は一言も書いていません。

「ロワール」「瓶内二次発酵」とはありますが、AOC表記はありません。

特段記号(AOC)にこだわっているわけではないのですが、品種もクレマン・ド・ロワール認定のシュナン・ブランですし、なぜという疑問が湧いてきます。

ともあれ、ポール・ルイのブランドは歴史のあるロワールの名門とされており、フランス最大のスパークリングワイン販売量を誇るCFGV社(Compagnie Franaise des Grands Vins)が世界各国に輸出している自信作。本格的な味わいとポップなイメージが人気を集めているそうなので、素直に期待して飲んでみました。

温度は8度スタートとスパークリングにしてはやや温めでスタート。白ワインとして楽しんでみようと飲み始めましたが、予想より甘くて顔を歪めてしまいます。

ガス圧は中程度ですが、シュナン・ブランの特徴的でもある蜂蜜の要素が嫌な方向に向いてます。

食事中は料理の力も借りてなんとか美味しくいただけていますが、個性が嫌な方に向いてしまった分、気持ちは上がってきません。

しかし、冷蔵庫で冷やし直し、グラスを細長いフルートグラスで飲み直してみると良い感じに変化。

甘みが引き締まって、酸味もハツラツとしています。

安泡は冷蔵庫取り出し温度で飲むのが良いですね!

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com