オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

南仏の白いいわ〜。

シャ ペルシェ コロンバール トゥティアック

Chat Perche Colombard

参考小売価格:1518円

産地:フランス南西地方

品種: コロンバール

購入元:リカマンショップ(楽天)

インポーター:株式会社都光

昨年まであまり接する機会がなかったコロンバールですが、最近は月に1本ペースでであえています。

今回のワインは「白だけ特選ワイン12本+2本セット(合計14本) 145弾(現在は146弾)」に入っていた1本。

表ラベルの情報ではIGP(Indication Géographique Protégée)しか記載がなく、大雑把に言えば「フランスワイン」としかわからない潔さがあります。

うらに小さく「コロンバール」とあるもの、「Colombard」が品種名ってことを理解するにはある程度の知識が必要ですからね。

かくいう私もアルコールが枯渇した状態では「コロンバール」と見抜けず、「あ〜、はいはい南仏の果実味系白ワインね!」ぐらいの勢いで抜栓。

しかし、一口飲んでコロンバールだと見抜けたぐらい、品種の特徴がしっかりでています。

凝縮度の高いレモンやグレープフルーツ。ミントやシトラスのような爽やかな香り。ボディーの重みもあり、酸味と甘味のバランスもグッド。

余韻とか立体感は無いのですが、アルコール度数ほどの重みを感じないので頭痛がしそうな安ワインとは一線を画するクオリティ。

髪の毛の生えたネコがパラシュートで飛んでいるラベルのデザインが可愛らしく覚えやすいのも良いですよね。

南仏の赤ワインは苦手なタイプが多いのですが、白はめちゃ好きですわ〜。

どれも方向性は似ているのですが、ヴィオニエ、グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、マルサンヌとリーズナブルで粒揃い。晩酌ワインとして登板させるのにぴったりなのが南仏の白ワインなのです。

シャルドネやソーヴィニヨン・ブランに飽きてきたらぜひ手にとって見てください!

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com