スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ブルゴーニュ地方

シャブリは3千円以上説。

シャブリ ビヨー・シモン 2018

Chablis BILLAUD-SIMON 2018

参考小売価格:3300円

産地:フランス/ブルゴーニュ/シャブリ

品種: シャルドネ

購入元:かめや

インポーター:ラックコーポレーション

〇〇(地域名)のワインは〇〇円以上出すべき。って定説はよく聞く話ですが、当研究所からすれば〇〇円以上出すんだったらどんな産地のワインでも旨いやんけ!って突っ込みたくなります。

今回のシャブリも定価3千円オーバーと旨くて当たり前の領域。

飲んでみてもまぁ普通に旨いわけなんです。

では、旨くて当たり前の3千円オーバーシャブリをなぜ普通に飲むのかって話なのですが、「たまに高いワイン飲んどかないと、安いワインを褒めた時の説得力がなくなる」って理由です。

本来の研究対象はシャブリでもやはり2千円以下を中心に攻めたいので、今回の経験を元に、これからも地雷とされる低価格シャブリにチャレンジしていきますよ!

って声高らかに宣言したいところですが、ラックコーポレーションのシャブリ生産者を上から制覇していく予定なので、当分は高シャブリで味覚を鍛える予定です。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):32点

生産地:4点

アロマ :7点

バランス :10点

酸味、甘味、苦味が調和しすぎて何も感じないパーフェクトバランス。

余韻 :5点

切れ味抜群のドライテイスト

複雑性:8点

柑橘?花?ミネラル? 〇〇主体って言葉がでない複雑性

買いやすさ:5点

アマゾンの定期便で取り扱いありでビビる。

主観:9点

すっきり系白ワインで官能的って言葉がでてくることに、貴族ワインと言わざる得ない。

総合得点:80点

庶民のマリアージュ

合う合わないは別として、一般庶民レベルなら生牡蠣なんか添えるとと雰囲気にやられるでしょう。

同じビンテージだとトスカニーさんが割安↓。

とりあえずシャブリを割安に飲みたい人はコレ↓当研究所も昨年購入済み

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。