家飲みワインの強い味方
令和は業務用ワインをオンラインで
フランス/ボルドー地方

千円ボルドーで掘り出し物発見。

シャトー・ル・プランス・ド・ヴァロン 2017

Chateau Le Prince De Valonn2017

参考小売価格:1375円

産地:フランス・ボルドー/オー・メドック

品種: カベルネソーヴィニヨン50%/メルロー50%

購入元:うきうきワイン(楽天)

インポーター:株式会社ダイセイワールド

送料無料目当てで購入したお買得セットの抱き合わせポジション。

千円前後の金賞ボルドーには散々泣かされてきただけに、そんなことを思っていたのですが、これはSランクボルドー。

AOCオー・メドックの名に負けない「あっメドックっぽい」と感じる王道テイスト。

念の為最初の1杯目からエアレーションしたのが良かったのか、口当たり柔らかく、骨格がしっかりした味わい。

余韻までのバランスが整っていて、化粧っぽさもありません。

ブラインドで飲んだら2〜3千円と答えてる自信あります。

ジルベール&ガイヤールってサクラアワードと同じぐらいよく見かけるのですが、本場フランスのガイド誌による評価らしく、当研究所でも好感触のワインが多いです。

「金賞」シールは悪名高いイメージが多かったのですが、「なんの」金賞かまで確認すると地雷回避率が高くなりそうです。

本日の組み合わせ

パンと合わせて純粋にワインの味を楽しんでおりましたが、おかずが欲しくなりサバ缶に黒胡椒トッピング。映画「東京ワイン会ピープル」で紹介されていた食べ方で、サバ缶&黒胡椒自体は美味しかったのですが、ボルドーとはミスマッチ。サバの生臭さ爆発で黒胡椒掛けまくり必須。劇中ではジンファンデルと合わせていたので甘めのワインと相性よいのかな?

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
秋冬にぴったりのカジュアルワインセット

令和は業務用ワインをオンラインで仕入れる時代