オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/北部

安赤には焼き肉で対応

モンフェラート ロッソ マセレト 2021

MONFERRATO ROSSO MASERETO

参考小売価格:1739円

産地:ピエモンテ州

品種: ドルチェット、バルベーラ、カベルネ・ソーヴィニヨン

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:都光

ワインにこなれてくると無意識に値段でワインを線引するようになり、千円を切ってくるワインには抵抗が芽生えてきます。

そういった意味でデイリーワインや追い込みワインとして箱ワインを登板させることが多かったのですが、今月は初心に戻って「激安セット」を購入してみました。

12本で11000円。激安セットのメリットでもありデメリットでもあるのが数の多さにあります。

テンションが上がるワインもあれば、なんだか気乗りしないワインも入っているのです。

今回はどちらかと言えば後者。

重厚感のあるボトルに濃い系品種のブレンドで、なんとなく味の想像がつきます。

予測では苦手な濃いプラム系を想像していましたが、一口飲んで予想的中。

しかし、そんなワインでも「合わせる食事」によって苦手が絶頂ワインへと変化します。

この日は焼き肉。食材にコストを掛けた分、ワインを安く済ませたかったわけです。

肉とタレの存在感が強い分、濃いワインとの相乗効果が狙えました。

ワインのネガティブに感じてた要素が完全に消え、完全調和で優雅なディナー。

苦手なワインも登板機会さえ間違わなければ至福のワインに変わりますよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com