オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

チリ

思い出補正あるからメンテは必要

モンテス・アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨン 2020

 MONTES ALPHA CABERNET SAUVIGNON

参考小売価格:2530円

産地:チリ

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン

購入元:エノテカ(楽天)

インポーター:株式会社エノテカ

エノテカさんの看板的銘柄でもあり、看板的ワインでもある「モンテス・アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨン 2020」。

熟成が進んだ場合は「ビンテージセレクション」なるものに変身したり、何かと供給量が多そうなワインですが、わかりやすい新世界カベルネ・ソーヴィニヨンを味わえる意味で一般的に認知されてそうです。

当研究所でも過去ビンテージで何度か購入しましたが、例外なく美味しく感じていたので、飲むのを楽しみにしておりました。

温度は15度スタートですが、飲む2時間前に抜栓し状態を落ち着かせます。

樽が効いててバニラの風味、ミントや枝葉の要素も相まって複雑性もあり。

酸味の辛味から感じて口の中で濃密度爆発。余韻に向けて歯茎がきしむようなタンニンでフィニッシュ。

はっきり言って「夏場」の「クーラーなし」の「昼間」に飲むのはキツかったです。

二口飲んでリタイア。

冷静になって二日目に挑みましたが、初日からの変化なく、荒っぽさといいますか、化粧が崩れた印象を受けます。

思い出補正なのか、ビンテージで味が変わったのか、自分の味覚が変わったのか、おそらくすべての要素が作用して味わいが変わったように感じました。

ワインにちょっと慣れてくると「〇〇(銘柄名)おすすめです(キラリ)」なんてしょっちゅう発言してしまいますが、「飲み頃、ビンテージ、温度、タイミング、気分、知識、先入観、経験、ect」で感じ方は変わるので、安易に「激推です(キラリ)」って言うの怖なってきました。

本日の組み合わせ

ワインだけで集中テイスティング。

濃い系チーズと合わせるといい感じになるタイプでしたよ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Eランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com