スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
イタリア/北部

【天使】店頭でよく見かけるアスティ

天使のアスティ

Asti Degli Angeli

参考小売価格:1400円

産地:イタリア/ピエモンテ州

品種: モスカート・ビアンコ(マスカット)

購入元:かめや

インポーター:モトックス

天使のアスティ

スーパーなどの量販店でよく見かけるアスティと言えばこの「天使のアスティ」ではないでしょうか。

覚えやすい名前に、覚えやすいエチケット。1500円以下で購入できるので比較的庶民でも手が届きやすいワイン。

普段は辛口党の私でも、たまにこの甘ーーーいアスティが無性に飲みたくなるので常時ストックしているわけです。

この「甘ーーーい」って言葉通り、こぼすとすぐにアリが寄ってきそうなベタつきがあるのですが、注ぎたてキンキンに冷えた状態で飲めば許容範囲。

しかし、泡の持続性も低いので、冷蔵庫から出して、グラスに注いで10分が限界ライン。3〜4人が集まって1杯飲む分には「心地よい甘味のマスカットサイダー」的に楽しめますよ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):50点

生産地:3点

アロマ :5点

バランス :2点

余韻 :3点

複雑性:2点

買いやすさ:5点

アマゾンプライムで1本から送料無料です

主観:9点

場面を選べばとっても優秀なワイン。なんだかんだで私は好きです。

ちなみに、輸入元の商品紹介によれば、このワイン、天使が神の使者として多くの幸福をもたらせてくれるそうです。

総合得点:76点

庶民のマリアージュ

ポテトチップス系はどのフレーバーでも抜群の相性を発揮しますが、デブゴンまっしぐらなのでお勧めしにくいですね。

現在、当研究所が激推しするワイン本↓

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。