オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストラリア

「発見」庶民の味方、ジェイコブス・クリークとはいかに。

ジェイコブス・クリーク リースリング/JACOB’S CREEK RIESLING

購入価格:1058円

産地:オーストラリア

品種:リースリング

購入元:アマゾン

輸入会社:ぺルノ・リカールノジャパン

  • どこでも買える。
  • 千円前後の格安。
  • 品種のバリエーションが多い。
  • 大衆に向けたクセのない味わい
  • 世界的に高評価

そんな5拍子そろったオーストラリアのワインメーカーを発見しました。

「ジェイコブス・クリーク」

そして、今回はリースリングを試してみました。

すっきりとした口当たり、切れ味のある酸味。程よいアタックと口内洗浄効果の高いアフター。

肉じゃが、鯖味噌煮、餃子や麻婆豆腐、クリームパスタからブイヤベース。和洋中、メイン、前菜、オードブル。朝、昼、夕方、モーニング、ランチ、ディナー、デザート。

寝起き、ブレイクタイム、食前、食後、就寝前、etc,,,,

オールタイム、ノージャンルで活躍できる、リースリング辛口。

マリアージュ(組み合わせ)といった意味合いでは少しかけ離れますが、洗い流す、リセットさせるといった意味で重宝するワインです。。

このワインも1100円以下でありながら、そんなニーズを満たす1本。

アルザス(フランス)リースリングにありがちなベトロール(石油香)のアロマはなく、レモンを凝縮させたビタミンCを感じさせるニュアンスです。ニキビや口内炎効果も期待できそうな、その味わいは、許されるなら水代わり飲みたいぐらい、シャープな味わいをしております。

ワインと合わせにくい料理の時に大活躍するであろう1本は、絶対にストックしておくべき品種と言えます。

ジェイコブス・クリークのおそるべし品揃えや価格設定を眺めていると、

庶民のワインは「ジェイコブス・クリークとアルパカで決まり。」なんて言い終えてしまえそうです。。。。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。