スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ブルゴーニュ地方

3連続アリゴテ最終日、当分はお別れかな。

ユベール・リニエ・アリゴテ・オーポワルロ 2018

Hubert LIGNIER ARIGOTE Aux Poirelots 2018

参考小売価格:2700円

購入価格:1867円

産地:フランス・ブルゴーニュ

品種: アリゴテ

購入元:鬼田酒店

インポーター:ラックコーポレーション

Hubert LIGNIER ARIGOTE Aux Poirelots 2018

アリゴテ3連発最終日は、3本の中で一番ヴィンテージの若いワインです。

生産者は「ユベール・リニエ」さんで、インポーターの紹介ページを読む限り、そこそこのネームバリューはありそうな印象。ただし、同一生産者の追っかけなんてしない庶民には「今、目の前にあるワインが旨いか不味いか」に興味が集約されるのではないでしょうか。

何となくお察ししてくれたかもしれませんが、アリゴテを3連続で飲んで出した結論は、このワインは前2本と比べると明らかに上級者向け。

初めは薬箱や蝋燭のようなオフフレーバーの要素が印象的で、地雷と判断しかけましたが、じっくり探りながら味わいうと、複雑に絡み合う様々な要素の集合体のような気がしてきました。濃密で果実味をしっかり感じられるのに、果物要素が全く取れず、表現するのに難しいタイプ。

樽の要素を深掘りしながら飲むと、腐った木の要素が見え隠れし、「癖」ととるのか「個性」と受け入れるのかで評価が大きく変わってきます。

個人的には飲んでいて面白い反面、グラスの進み具合は遅く、体は正直に反応しているといったところ。

アリゴテ3連ちゃんテイスティング、全て飲み終えた結果は、生産者は違えどある程度古いヴィンテージの方が、尖がなく綺麗に纏まっていました。

しかし、それが果たしてビンテージの問題なのか、造り手の問題なのかは、今の私レベルでははっきり判断ができず、今後の課題として深く受け止めます。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):37点

生産地:3点

アロマ :4点

バランス :6点

余韻 :5点

複雑性:8点

買いやすさ:2点

主観:6点

時間経過と共に変化する味わい(いい方向に変化)。ブルゴーニュワインはアリゴテでもじっくり時間をかけて味わうべきですわ。

総合得点:71点

庶民のマリアージュ

  • 小籠包
  • ホットケーキ
  • ポテトサラダ
  • フォー
  • じゃがりこチーズ

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。