スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ブルゴーニュ地方

アリゴテって地味に旨いじゃなくて派手に旨い。

ブルゴーニュ アリゴテ レザン ドレ ミシェル・ラファルジェ アリゴテ 2016

Michel LAFARGE ALIGOTE 2016

参考小売価格:2700円

購入価格:1800円ぐらい

産地:フランス/ブルゴーニュ

品種: アリゴテ

購入元:鬼田酒店

インポーター:ラックコーポレーション

Michel LAFARGE ALIGOTE

昨日味わったアリゴテに引き続き大当たりのアリゴテです。

以前まで抱いていたアリゴテの印象は、

「所詮ブルゴーニュシャルドネよりは格下なんでしょ。」

なんて大変失礼なイメージを抱いておりましたが、今は

「ブルゴーニュシャルドネの気分だけど、シャルドネじゃちょっと重たいからアリゴテの方がいいかも」

とブルゴーニュシャルドネと気分で飲み分れる同格ワイン。

樽のニュアンスや古風で奥行きのある味わいはブルゴーニュシャルドネそのものなんですが、酸が立っていて切れ味があるのが特徴的です。

しかし、シャルドネも生産者で大きく味わいが変わるのと同じように、アリゴテも生産者選びは重要。

ブルゴーニュ愛飲者からすれば、自分の好きな造り手のアリゴテを選べば良いのでしょうが、一般庶民(私)からすると「好きな造り手=認知している名前」レベルなので、そうはいきません。

そういったことを踏まえ、当研究所のアリゴテ 優良生産者の判断基準としては、「アリゴテ以外の種類の多さ」と現時点では感じています。

今回のミシェル ラファルジュも一級畑を何区画も所有している他、村名だとムルソー(白ワインの銘醸地)もラインナップされているので、ムルソーっぽい要素を感じるのは気のせいではないはず。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):35点

生産地:3点

アロマ :5点

バランス :8点

余韻 :7点

複雑性:7点

買いやすさ:2点

主観:10点

総合得点:77点

完全に3千円くらすの味わいですよ。

庶民のマリアージュ

ワインだけで楽しめるのですが、あえて提案すると

  • マルゲリータ
  • 白身魚のムニエル
  • 帆立のバター焼き
  • 豚冷しゃぶ胡麻味噌
  • 栗まんじゅう

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。