スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
アメリカ

旨すぎて爆笑。パーティーにピッタリな1本

ハンドクラフト ピノ・ノワール 2018

Handcraft Pinot Noir 2018

参考小売価格:1700円

産地:アメリカ・カリフォルニア

品種: ピノ・ノワール主体/シラー/マルベック/サンジョヴェーゼ/他

購入元:かめや

インポーター:モトックス

地元の酒屋さんでワインを注文する時は何か自分にテーマを課して品定めするのですが、今月は比較的消費量の低いカリフォルニアを攻めていました。

まずはピノ・ノワール。

ピノ自体は月に2〜3本は必ず飲む品種のため、久々感はないのですが、カリピノ(カリフォルニアのピノ・ノワール)は約2ヶ月ぶり。味わいの再確認といった意味でも集中しながら飲むつもりで挑みました。

色は濃い目で、香りは強めのバニラがわざとらしく、色んな意味でニヤけます。

飲んでみると後は思考停止状態。

もう旨すぎてグラスが止まらない。。

合わせたハンバーグとの相性もあるのでしょうが、スイスイ、グビグビっと1本空くのに40分ぐらいでフィニッシュ。

ピノ・ノワールはブルゴーニュ!ってよく言われますが、「同じ価格帯縛りで、分かりやすい味を求めるなら断然ニューワールド!」って声高らかに宣言したい。

まぁ、ブルゴーニュとは別物なので、比較するのはナンセンスですが、実勢価格1500円前後でこの満足度はなかなかお目にかかれないですよ!

本日の組み合わせ

この日は子どもの誕生日会だったので、気分的にはシャンパン開けても許されてたのですが、食卓にデミグラハンバーグがあったのでカリピノをチョイス。

濃厚なピノ・ノワールとデミグラスソースがベストマッチ♫

カツオのカルパッチョも意外とイケる。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。