オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/南部

うわぁ、酸っぱ。。ヴェオニエ(ニヤリ)

キュソラ シャルドネ・ヴィオニエ/CUSORA CHARDONNAY VIOGNIER

参考価格;1800円

購入価格:10本で9980円(パーティーパック 白だけ10本)

産地:イタリア/シチリア

品種:シャルドネ・ヴィオニエ

購入元:エノテカオンライン

インポーター:株式会社エノテカ

定番品種ばかり飲んでいると、飽きてくるので、たまにはパンチ(ヴェオニエ)を入れてみました。

そしてこのワインは、セット購入したの中でも、1番最初に紹介されている販売店一押しの「目玉ワイン」。

必然的に期待値は高くなりますよね。

ヴェオニエと言えば、ローヌ南部のコンドリューやシャトーグリエの銘醸地をついイメージしてしまいましすが、そんなワインを庶民が買えるわけなく、

今回は、イタリア

しかも、ブレンド(シャルドネと)

こうなってくると、産地特性や品種の特徴が分からなくなってくるのが難点ではあります。

第一印象はタイトル通り、強烈で変わった酸味にインパクトがあり、記憶に残る味わい。

レモンの酸っぱさよりは梅ガムの酸っぱさをイメージしてもらえればわかりやすいかと。

オーソドックスな品種ばかり飲んでいると、こんなパンチの効いたワインに当たると、何だか「美味しい」「不味い」以前に「嬉しく」なります。

しかし、テイスティングバイブルで「ヴェオニエ」の特徴を確認してみると、

「酸味が少ないタイプです。」

う、うそやろ。。。。

自分の味覚がおかしいのか?

このワインがたまたま酸味が強いタイプなのか?

ヴィオニエの振り幅が広いのか?

ブレンドされているシャルドネの仕業なのか?

答えは見つかからないので、ヴェオニエの研究は続く予定です。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com