オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ローヌ地方

ロゼワインの定番銘柄はこれ!

コート・デュ・ローヌ・ロゼ ギガル 2018

COTES DU RHONE ROSE E.GUIGAL 2018

参考小売価格:2000円

産地:フランス/ローヌ

品種: グルナッシュ、サンソー、シラー

購入元:かめや

インポーター:ラックコーポレーション

COTES DU RHONE ROSE E.GUIGAL 2018

フランスのローヌ地方で最も有名な生産者といっても過言ではない「ギガル」ですが、廉価ラインも赤、白、ロゼとそれぞれリリースしており、近所のスーパーでよく見かけるレベルで人気も高め。

赤と白は廉価ラインと村名クラスそれぞれ経験済みなので、今回はロゼの廉価版と村名を同時購入。まずはこの広範囲の原産地呼称「AOCローヌ」から試してみました。

香りの第一印象は甘くないイチゴ。冷蔵庫保存で冷やしすぎていたこともあり、そこからの広がりは無し。

口に含むとやはり冷やしすぎで、苦味や辛みの要素しか捕らえられなかったので、1時間常温で放置。

温度が10度前後になったところで再度、香りの状態から確認。

しかし、冷やしすぎていた時の第一印象とさほど変わりなく、アロマの広がりや強さは感じられません。

口に含むと、実勢千円台のロゼとしては心地よい厚みを感じるのですが、初めに感じた苦味と辛みの要素が主体なので味わいの広がりは低め。

しかし、余韻では野菜の茎やスパイスの要素が交錯し、フィニッシュにかけて印象度を爆上げさせます。

苦系ワインが好きな人や、合わせる料理の守備範囲は広げたいひとには激推しの反面、安ロゼにありがちな甘軽タイプが好みの人にはキツイかも。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):45点

生産地:3点

アロマ :3点

バランス :4点

余韻 :6点

複雑性:6点

買いやすさ:4点

主観:7点

総合得点:79点

↓村名「タベル」ならアマゾン定期便で注文可能!! 想像より安いよ!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com