スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ローヌ地方

ロゼワインの定番銘柄はこれ!

コート・デュ・ローヌ・ロゼ ギガル 2018

COTES DU RHONE ROSE E.GUIGAL 2018

参考小売価格:2000円

産地:フランス/ローヌ

品種: グルナッシュ、サンソー、シラー

購入元:かめや

インポーター:ラックコーポレーション

COTES DU RHONE ROSE E.GUIGAL 2018

フランスのローヌ地方で最も有名な生産者といっても過言ではない「ギガル」ですが、廉価ラインも赤、白、ロゼとそれぞれリリースしており、近所のスーパーでよく見かけるレベルで人気も高め。

赤と白は廉価ラインと村名クラスそれぞれ経験済みなので、今回はロゼの廉価版と村名を同時購入。まずはこの広範囲の原産地呼称「AOCローヌ」から試してみました。

香りの第一印象は甘くないイチゴ。冷蔵庫保存で冷やしすぎていたこともあり、そこからの広がりは無し。

口に含むとやはり冷やしすぎで、苦味や辛みの要素しか捕らえられなかったので、1時間常温で放置。

温度が10度前後になったところで再度、香りの状態から確認。

しかし、冷やしすぎていた時の第一印象とさほど変わりなく、アロマの広がりや強さは感じられません。

口に含むと、実勢千円台のロゼとしては心地よい厚みを感じるのですが、初めに感じた苦味と辛みの要素が主体なので味わいの広がりは低め。

しかし、余韻では野菜の茎やスパイスの要素が交錯し、フィニッシュにかけて印象度を爆上げさせます。

苦系ワインが好きな人や、合わせる料理の守備範囲は広げたいひとには激推しの反面、安ロゼにありがちな甘軽タイプが好みの人にはキツイかも。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):45点

生産地:3点

アロマ :3点

バランス :4点

余韻 :6点

複雑性:6点

買いやすさ:4点

主観:7点

総合得点:79点

↓村名「タベル」ならアマゾン定期便で注文可能!! 想像より安いよ!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。