フランス/シャンパーニュ地方

満足度を不等号で表現してみた。

エンクリ ブリュット ブラン ド ブラン グランクリュ

ENCRY BRUT

参考小売価格:9000円ぐらい

産地:フランス・シャンパーニュ・コート・デ・ブラン・メニル シュル オジェ

品種: シャルドネ

購入元:セラー専科

インポーター:株式会社都光

6月の福袋商戦でゲットした「常識ではありえないお買い得な販売促進セット」の目玉的な1本。

「エンクリ」「ENCRY」とネーミング自体は自分の記憶や知識の中で刷り込まれていたので、何故か「庶民のシャンパン」的な印象を受けていたのですが、調べると税込み定価1万円近い貴族のワイン。庶民にとっては年に1回飲むかどうか(むしろ飲まない)贅沢な価格帯。

ひねくれ者からすると、販売店さんの直輸入直販商品なので、値付云々について参考程度にしか受け取っていませんでしたが、飲んでみて納得の満足度。

泡の粒が細かく繊細。

きめ細かい泡がどうとかって今後使い難くなってくるレベル。

エンクリの販売ページを改めて読んでみると、希少性、権威性を感じることができ、気持ちの面で優位に働いた事は否めません。

しかし、「本当の意味でテクスチャーが良い」「エレガントって言葉にふさわしい上品さ」「苦旨って表現で伝えるには難しいビターな風味」と、なんだか横文字の羅列で表現の解釈を濁したくなってくる複雑味があります。

飲み手のリテラシーによって評価は変わってきますが、ワインは多く消費するものの、「泡好き」で高級シャンパンに慣れていない私のような立場なら1000%満足できる嗜好品ですよ。

最後に、誤解をされないように満足度の不等号を示すと。

エンクリ>マッサージ1時間>特上うな重>回らない大トロ三貫

景色MAXの人気レストラン>標準フレンチ竹コース>特上焼き肉with安ワイン>エンクリ

なので、過度な期待は禁物です。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 良いことがあったお祝いに
  • 嫌なことがあった回復剤に

ちなみに、直販店であるシャンパンハウスさんや、カーブドエルナオタカさんの通常セット導入率も低いので、今後登場する福袋や特別セットに期待を寄せましょう。

ABOUT ME
井原大賀
〜ワインをより多くの人に〜GrapeJapan合同会社代表| ソムリエ協会認定講師|ワイン評論と音声メディア運営| 人と時間に縛られない田舎暮らし
ワイン購入は楽天カードMUST!