オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

代表的な庶民の甲州とは

グランポレール 甲州 2020

Grande Polaire Koshi

参考小売価格:1980円

産地:日本

品種:甲州 

購入元:アマゾン

製造元:サッポロビール株式会社

直近の1ヶ月で5種類の甲州を飲んできました。

たまに飲む頻度だと「甲州なんて似たりよったりでしょ」と思いがちですが、当たり外れ、好みか好みじゃないかは存在します。

ただ、感じ方は飲むタイミングだったり長さだったり、食事との相性で変わってくるのも事実。しかし、全ての甲州に共通して言えるのは「和食と合わせる前提で飲むべき」だということ。

今回は同じグランポレールシリーズのプレミアムな樽熟成タイプと飲み比べしてみましたが、しっかり爪痕を残してくれました。

一口目は「えっ、不味」と口に出してしまうほど平坦でだらしない印象を受けましたが、注いで30分ぐらいすると立体感が出てきます。

ある意味、酸味やフルーティーな要素でごまかしていないので、高クオリティだと言えます。

面白みに欠ける反面、定価2千円切っている甲州ですし、アマゾンプライムのワンクリックで買える気軽さは他にはないアドバンテージ。

「甲州とは」そんな疑問に「グランポレールの甲州飲んでおけば理解できるよ」と当研究所は答えるでしょう。

本日の組み合わせ

リュウジのバズレシピから、無限鶏むね肉と合わせる

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク


ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com