オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ローヌ地方

ノンフィルター表記に、自然派主張が光る。

エステザルグ レ・ゼール ルージュ2018

Estezargues Les Airs Rouge 2018

参考小売価格:2200円ぐらい

産地:フランス・ローヌ

品種: グルナッシュ&シラー主体、カリニャン、ムールヴェードル

購入元:三本酒店

インポーター:野村ユニソン

Estezargues Les Airs Rouge

地元さかやさんのおまかせセットに入っていた1本。ラベルに書かれている「ノンフィルター」って文字がやたら自然派ワインを主張している気がします。

飲む前は、癖の強い臭みのあるモノを期待しておりましたが、スルスル飲める飲みやすいタイプ。

大人のぶどうジュースという表現がしっくり来るような印象で、果実味が濃厚でバランスのまとまりがあります。3日かけて味わいの変化を期待しながら飲みましたが、評価変わらず、同じような味わい。

シラーやグルナッシュのローヌ的要素は薄いですが、なんとなく南仏の雰囲気はシッカリ感じます。

飲んでいて欠点らしい欠点も見当たらず、値段からくる満足感もド適正なので、どんな層にも嫌われない八方美人的ワインタイプといえるでしょう。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 映画見ながらぼーっと飲む。ドキュメンタリー見ながらぼーっと飲む。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com