スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ボルドー地方

定価5千円が鬼コスパの目玉として登場

シャトーピコルノー・マルヴザン 2018

Chateau Picourneau-Malvezin

参考小売価格:5000円

産地:フランス・ボルドー・オー・メドック

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー30%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

Chateau Picourneau-Malvezin

「某ショップの10本1万円セットのワインと「鬼コスパセット」を純粋に比べてほしい!」

podcast番組「ワインの授業」の「6時間目」にこのワインを輸入した会社社長から頂いたお言葉ですが、某ショップの1万円セットを何度か買って飲んだ私でもそれは納得してしまう一言。

もともとの定価が高く設定されている説は一旦おいておいて、ワインの味わいだけ切り取ってもこの「鬼コスパシリーズ」は他の同価格帯セットと比べ頭2つぐらい抜けています。

産地のバリエーション、未知の品種、抑えておきたいスタンダード品種がバランス良く入っており、「この値段にしては美味すぎ」って言えるワインばかり。もちろん、好みが外れることもありますが、普段と違うワインを飲めると言った意味では許容できる範囲。

そして、毎セット2本ぐらい入っている定価5千円級の目玉ワインがこちら。

パワフルで濃厚なボルドーとして身構えると肩透かしを喰らいますが、キレイ系ボルドーとしてのバランスは秀逸。

ただ、口当たりが優しくスイスイ飲めるので、ZOOM飲み会で登板させてしまうと、ろくに味わうことなく飲み干してしまいました(汗)

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):5点

生産地:4点

アロマ :6点

バランス :7点

余韻 :6点

複雑性:6点

買いやすさ:2点

主観:6点

鬼コスパとしては大アリ感謝感激。3千円だとしたらまぁアリ。5千円で考えるとm(_ _)m

総合得点:42点

庶民のマリアージュ

無難に肉料理と合わせにいきたいところですが、ボルドーにしてはボディーが柔らかいので、マリアージュを見つけるのは難しい。。

↓最近赤鬼コスパとかでてて面白そうですよ‼

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。