スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
・テイスティング日記

世界最高峰ワイン飲んでみた。

ロマネ・サン・ヴィヴァン 2017 DRC

DRC Romanee St.Vivant

ワイン談義をしていると度々マウンティング合戦に発展するのですが、その中でも多いのが「〇〇飲んだことある?」マウント。

嫌味なく聞いたとしても、人によっては「飲んだことある自慢始まったね」って解釈する場合があります。

しかし、「〇〇飲んだことある?」って質問は、実はマウントではなく、〇〇飲んだ時の感想の答え合わせを兼ねて語らい合いたいって素直な気持ちなのかもしれません。

申し遅れました。ワタクシ、ワインの最高峰と呼ばれている「ドメーヌ ド ラ ロマネ コンティ」のワインを飲んじゃいました。

ラインナップにラ・ターシュなんて最高峰の特級畑のワインもありましたが、私が選んだのは「ロマネサンヴィヴァン」。なんか「ロマネサンヴィヴァン」って名前がカッコよくて好きなんですよね。そんなロマネサンヴィヴァンですが、ボトルで買うと50万円以上する代物。今回は50mlで15000円の特別価格。

https://www.likaman.co.jp/event/winefesta/tasting.php

ワイン痛からすれば、価値のある15000円ですが、畑違いの人からすると3口で15000円なんて狂気的なお金の使い方。私の場合は「ドメーヌ ド ラ ロマネ コンティのロマネサンヴィヴァン」を飲む経験に15000円以上の価値を大いに感じたので、快くペイして飲んでみました。

まずは香り。品のある果実味ドッカンでピチピチしておりますが、飲むのを躊躇うほど心地よいです。しかし、実際に飲んでみると「ん、前に似たようなの飲んだことあるわ」なんて斜に構え出します。

高級ワインに飲み慣れていない味覚からすると、有名生産者のプルミエクリュクラスならこれぐらいの味わい感じてきたんじゃないかってなりました。

結論、おいしいブルゴーニュワインの延長線上にある味だったので、想像の範疇から飛び出す感動は得られなかったです。もちろん、熟成されたら想像できない素晴らしい姿を見せてくれるでしょうが、早飲み段階でどんな神々しさを秘めているのか予想することはできませんでした。

逆にシャトームートンロートシルト(ボルドー格付け1級)2011を泉氏から横取りで飲んでましたが、「うほぉ」ってなりましたからね。

まぁ、ワインは絵画とか芸術っすね。理解するには知識と経験とセンスが必要。

いや〜、熟成したの飲んでみたいです。

「リカマンワインフェスタ2022」の反省会は月末配信予定のポッドキャスト本編でお届け!お楽しみに🎵

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。