オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

チリ

イオンも箱ワインコーナー充実してた

ウルメネタ メルロー 3L / ヴィーニャ・サン・ペドロ

URMENETA MERLOT

参考小売価格:税込み1958円

産地:チリ

品種: メルロ

購入元:イオンモール高知

インポーター:コンドンヴェール株式会社

田舎民の週末は家族でイオンにお出かけがデフォルト♪

クロックスのパチモン履いて、上下3本線のジャージでフードコートで長居するのである。

よく馬鹿にされているようなストーリーですが、あながち間違いでは無いです。

私自身は週末平日関係なく過ごしていても、学校は週末が休みなので、子どもにイオン行こうとせがまれてしまいます。

駐車場止めるのも往生しますし、知り合い遭遇率100%なのでいい事なし。ある意味仕事と割り切って買い物に付き合っていました。

案の定スーパーでレジが鬼行列だったので、少しワインコーナーを覗いてみることに。

そうすると、以前は気づかなかったのか、なかったのかわかりませんでしたが、箱ワインコーナーが棚一式構えられており不覚にも胸が躍ります。

今回は最近めっきり飲まなくなっていたメルロをチョイス。

ここからイオン箱ワインの開拓が始まるかどうか、味の確かめどころです。

飲んでみた結論を述べると、アリです。いや、大アリです。もっと言えば、今まで購入してきた2千円以下の箱ワインで最強レベルです。

良い意味で曲者感があります。

青野菜要素。主にピーマン、キャベツの芯的な要素に、ミントや熟したプラム。

酸っぱ系スタートから、渋みとのグラデーションが楽しめます。

はっきり言って若安メルロとして非の打ち所がない味わい。

甘系メルロが好きな人は「えっ」ってなるかもですが、私にとっての若メルロのド直球で心躍りました。

雰囲気的にはロワールのカベルネ・フラン3千円クラスに匹敵しますよ。

紫色の美しい色で、黒果実系フルーツの熟したアロマの赤ワインです。バランスのとれた滑らかなタンニンを楽しめます。

https://www.aeondewine.com/shop/goods/goods.aspx?goods=A106-7804300148911

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク 箱基準Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com