スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ブルゴーニュ地方

シャブリとはなんなんだろう。。(汗)

シャブリ グランクリュ ヴァルミュール 2018 ドメーヌ ヴォコレ

Chablis Grand Cru Valmur Domaine Vocoret & Fils

参考小売価格:11000円税込

産地:フランス・ブルゴーニュ・シャブリ・ヴァルミュール

品種: シャルドネ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

先月頭に格安シャブリセットたるものを購入しておりまして、テイスティング日記でも何本か取り上げているのですが、「本物(特級)飲まずしてシャブリを語って良いものか」と、6月の福袋でゲットしていた今回の貴族ワインを開けてみた次第です。

なるべく集中して飲みたかったので、夕食前の空腹状態にテイスティング。

開栓直後は「うわぁ〜、難しい味してるな〜」なんて苦笑いから飲み始めましたが、凝縮度は通常シャブリと比べ物にならない濃厚で分厚いボディ。

今まで抱いていたシャブリの印象が覆ってしまうほど、樽の要素がボーヌ系シャルドネに感じてままなりません。

時間が経てば立つほど香りや味わいに膨らみがでてきて、苦笑いしてたのが嘘のようにニヤニヤしながらフィニッシュ。

定価調べて驚愕の1万円ワインなので、これぐらい感じさせてくれて当然といえば当然なんでしょうけど、購入価格考えると、NAOTAKA崇拝ポイントが高まってしまうマジック。

ただ、一般的な認識で「シャブリは生牡蠣に合うよね!」なんてお花畑でペアリングを選択すると幻滅してしまう危険が高いですよ。

本日の組み合わせ

ミックスナッツかじりながらマインドフルネステイスティング

くるみとマリアージュ成立。逃げ腰でナッツと合わせましたが、バター系料理と合わせるのがよいかと。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。