オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/北部

万能白ワインここに現る。

ネコティウム・ピノ・グリージョ 2018

Nec-Otium Pinot Grigio 2018

参考小売価格:2090円

産地:イタリア > フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州

品種: ピノグリージョ

購入元:ワインクラブ30

インポーター:株式会社フィラディス

ピノグリージョ(ピノグリ)で今まで大きく外したワインに出会ったことないのですが、逆に大きく感動したワインも出会ったことがないので抜栓テンションは低め。

今日はあっさり無難に飲みたいと思い立ちこのワインを選びました。

産地はすっきり系白ワインの銘醸地「フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州」名前が長ったらしくて覚えにくいですが、「フリウリ」だけ覚えていればワイン通っぽくなれるので、そこだけ抑えておきましょう。

感想を結論から言うと、料理とのペアリング前提で飲むワイン。

ほんのり苦いすっきりしたタイプなので、コース料理の前半戦で大活躍しそうですが、庶民の食卓なら和食ならなんでもOK。

似たようたタイプに「甲州」が思い浮かびますが、同じ価格帯縛りで比較すると、こちらの方が濃密度に軍配があがるので、ワイン飲んでる感はこちらに軍配が上がります。

ただ、これと言って具体的な特徴を表現しにくい為、ワイン単体で食後なんかに持ってきてしまうと、つまらないワインになるのは否定できません。

ちょっと洒落たセンスの良い店のグラスワインででてきそう。まぁ値段相応のイタリアワインって感じです。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):45点

生産地:2点

アロマ :4点

バランス :7点

余韻 :4点

複雑性:6点

買いやすさ:5点

アマゾンプライムで送料無料!

主観:5点

総合得点:78点

庶民のマリアージュ

刺身でもいけますし、 酢の物、ひじきの煮物なんかもイケます。ステーキや焼肉なんかも大根おろしで和風に仕上げると楽しめそうです。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com